ラブライブ! 2期BD7巻特典曲「そして最後のページには」で号泣!

スポンサーリンク


ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)のUR高坂穂乃果ちゃんが特典としてついていた第2期BD7巻(最終巻)の特典曲『そして最後のページには』は、号泣必須の楽曲です!

『そして最後のページには』は思いが詰まってる!

この『そして最後のページには』を聴きながら、アニメ・ラブライブ!第2期の最終回を思い出した人も多いのでは!?

いろんな思いの中で、仲間と支え合いながら、やり遂げた満足感。
終わってしまった寂しさ。
新たな一歩を踏み出す希望。

いろんな思いが交錯した最終回でしたよね。

そのμ‘sの思いのすべてを綴ったような歌詞と、アップテンポの曲がほんと泣かせてくれます(T_T)

♪真っ白なノートブックへと
思い出が増えていく
表紙に小さく、ありがとうって書きたいな!♪

9人の仲間といたから、こんな思いになったのでしょうね。

臭い言葉だけど『青春』なんですよね、きっと。

sositesaigonopageniha-image

スポンサーリンク

そして最後のページには・動画

さて、Youtubeにあがっていた『そして最後のページには』の動画です。

<試聴動画>

<フルバージョン>
これは、すぐに削除されてしまう気がします。
そうなってしまったら、ごめんなさい。

この曲は、ラブライブ!の締めくくりの曲と位置づけられています。
まあ、題名「そして最後のページには」からして、もう最後だよ〜って感じですよね。

ですが、うれしいことに、アニメ最終回では「続いていく」ことが示唆されていましたよね。
映画に続き、アニメ第3期もあるのかな?

どちらにせよ、μ‘sのメンバーとのお別れは、寂しいですよね。

ちょっと切なくなりつつも、今後に期待しましょう^^

スポンサーリンク

コメントを残す